ポストマスツーリズムの地域観光政策
―新型コロナ危機以降の観光まちづくりの再生へ向けて
上山肇・須藤廣・増淵敏之 編著
定価(本体2,500円+税)
2021年8月25日発行
ポストマスツーリズムの地域観光政策
【内容紹介】
マスツーリズム以降、観光は自らが持つ暴力性や非対称的な人と人との交流を軽減・解消するあり方を探ってきた。新型コロナは、その流れを加速させるのか?事例から模索。新しい観光の理論から実践例まで幅広く語る。

【目次】
まえがき——観光の光と影  須藤 廣

第一部 観光総論
第1章 日本における観光の変容とポストマスツーリズム(ニューツーリズム)の誕生  須藤 廣
第2章 ツーリズムに到来したダークネスについて—可傷性と近接性をめぐる試論   山本 朋人
第3章 地域における「持続可能な観光ガイドライン(JSTS-D)」対応の必要性   後藤 直哉
第4章 SDGsに貢献する観光についての一考察   山原 一晃
コラム① 旅の復権   衣幡 征治

第二部 メディア・文化
第5章 「ミュージックツーリズムの行方—日本では何故、ポップミュージックの聖地巡礼が一般化しないのか—」   増淵 敏之
第6章 産業観光の可能性を問う−世界遺産 富岡製糸場の観光活用を例に   岩田 真理子
第7章 観光地谷根千—メディアが作る新しい下町—論考   森 直人
コラム② コロナ禍以降のブライダル業界の行方   中田 久美子

第三部 まちづくり—政策
第8章 これからの観光まちづくりと都市・観光政策−観光者と受け入れ者の相互関係の構築と新たな複合型アートツーリズム−   上山 肇
第9章 観光政策と環境問題−観光におけるごみ問題   高 歓
第10章 広域連携と観光政策   中村 幸子

第四部 まちづくり—事例
第11章 コロナ禍とその後の観光まちづくり−神奈川県鎌倉市を事例として−   嶋村 豊一
第12章 「分散型宿泊施設」がもたらす観光交流人口増加への効果   家長 千恵子
第13章 地方都市におけるインバウンド政策   内桶 克之
第14章 スポーツツーリズムと地域活性化   川津 康文
コラム③ 工場見学を観光まちづくりに生かす理論と手法—東京都台東区南部・岐阜県関市・新潟県燕三条を事例に—    藤井 建人
コラム④ “機会"がないと関係人口は生まれない “地域のファン"を生み出す仕組みー神奈川県真鶴町を事例としてー   大川 朝子


インターネットでご購入の皆さまはこちらから


公人の友社発行済書籍一覧へ


ホームへ戻る