総合計画を活用した
行財政運営と財政規律

鈴木洋昌 著
定価(本体3000円+税)
2019年7月10日発行
2017対応「都政実務」択一問題集
【内容紹介】


【目次】

第1部 導入部 

1章 本書の問題意識、目的等             
   1. 本書の問題意識   
   2. 総合計画に係る先行研究   
   3. 本書の研究対象、検討の視点          
   4. 本書の構成          

 第2部 国の地方行財政運営方針の指定都市の行財政運営に与える影響

第2章 指定都市の職員数削減の取組      
   1. 本章の目的・視点、先行研究          
   2. 本章の研究対象、対象期間
   3. 指定都市の職員数削減の状況とその要因       
   4. 計量分析
   5. 小括       

第3章 指定都市における 一般単独事業債等の発行要因の検証      
   1. 本章の目的・視点、先行研究          
   2. 研究対象
   3.地方交付税措置による普通建設事業の誘導    
   4.指定都市の普通建設事業費と一般単独事業債の状況    
   5.一般単独事業債発行の要因の検証    
   6.小括        

第4章 臨時財政対策債の指定都市への影響          
   1. 本章の目的・視点、対象期間          
   2. 先行研究
   3. 国の財源保障と地方財政   
   4. 指定都市の臨時財政対策債の発行状況          
   5. 臨財債償還に向けた償還・積立の要因          
   6. 普通交付税不交付団体への臨財債発行の影響
   7. 小括       

第3部 「総合計画財政計画」に基づく行財政運営

第5章 横浜市と川崎市の「総合計画財政計画」の分析      
   1. 本章の視点と先行研究       
   2. 本章の検討枠組み
   3.  横浜市・川崎市の財政状況等         
   4.  行財政運営と「総合計画財政計画」            
   5. 小括       

第4部 総合計画を中心とした計画体系の分析

第6章 総合計画と環境分野の計画間関係の分析   
   1. 本章の視点、研究対象       
   2. 計画行政における規律密度の変化   
   3. 環境分野の行政計画の対応
   4. 横浜市の環境管理計画と、総合計画、個別計画          
   5. 川崎市の環境基本計画と、総合計画、個別計画          
   6. 小括       

第5部 総括

第7章 本書の示唆と課題          
   1. 本書の示唆          
   2. 残された課題       

 


インターネットでご購入の皆さまはこちらから


公人の友社発行済書籍一覧へ


ホームへ戻る