特別区管理職試験対策
区菅試・択一過去問題集
平成21年度〜平成30年度
昇任・昇格試験スタンダード研究会 
定価(本体3700円+税)
ISBN:978-4-87555-820-0
2018年12月14日発行

【内容紹介

 21年度から特別区の管理職選考が大きく変わりました。
受験者があまり増加しないなかでの、制度の大きな変更には、受験者の負担軽減がみてとれます。
択一科目の変更をみると、管理職になってから必要な知識となる法律関係が重視されています。

地方自治法  14問
財務会計    2問
地方公務員法 6問
行政法     16問
財政学     4問

21年度の受験者は、前年に比べて増えているようです。
科目数が減って、挑戦意欲がわいた職員の方も多かったのではないでしょうか。
しばらくは増加傾向が続くと思われます。

さて、本書では、択一問題の過去問をまとめてみました。
過去問にあたると、次のことがみえてきます。
1 試験傾向がわかり、勉強の対策がたてやすい
2 出題範囲がわかり、求められる知識の範囲を確認できる
3 出題は繰り返される傾向があり、過去問を繰り返し勉強することにより、実力をつけることができる
是非、本書をご活用ください!







インターネットでご購入の皆様はこちらからお願いします
公人の友社発行済書籍一覧へ


ホームへ戻る