地方公務員昇任・昇格試験対策基本問題集シリーズ4
【増補・「要点図解」版】
行政法基本問題集300問
昇任・昇格試験スタンダード研究会 著
定価(本体2,800円+税)
2016年3月5日発行
【第4次改訂版】地方公務員法基本問題集300問
いつの時代も、公務員は法令に基づいて事務にあたらなければなりません。
複雑な事務を処理するとき、そこでは法令が判断の基準となります。
その法令の判断基準の一つに行政法があります。
事務を円滑に執行する者にとっては、この行政法をしっかり身につけておく必要があります。
それゆえに、行政法は昇任昇格試験の基本出題となっています。

本書は、自治体職員の昇任昇格試験にあわせ、最近の法改正に対応させ、【第2次改訂版】を大幅に増補し、新版として編集しました。
特に、問題を解くための基本知識を整理し、要点を図解しました。

目 次

《問題編》
1 行政法の法源
2 法律による行政の原理
3 公法と私法
4 特別権力関係
5 行政行為の効力
6 私人の公法行為
7 行政行為の種類と内容
8 行政行為の附款
9 行政行為と裁量
10 行政行為の瑕疵
11 瑕疵ある行政行為
12 無効の行政行為
13 行政行為の取消
14 行政行為の撤回
15 行政立法
16 行政機関
17 行政契約
18 行政指導
19 行政調査
20 行政計画
21 強制手段
22 行政強制
23 即時強制
24 行政罰
25 国家賠償法(損害賠償)
26 国家賠償法(損失補償)
27 行政訴訟制度
28 行政不服審査法
29 行政事件訴訟法
30 取消訴訟
31 行政手続法
32 情報公開法
33 個人情報保護法

《解答・解説編》


インターネットでご購入の皆さまはこちらから


公人の友社発行済書籍一覧へ


ホームへ戻る