原発被災地の復興シナリオ・プランニング

金井利之・今井照 編著
定価(本体2,200円+税)
2016年11月25日発行
原発被災地の復興シナリオ・プランニング
私たちは2013年以来、東京電力福島第一原子力発電所の過酷事故に伴う原発被災者の生活再建と原発被災地の復興のあり方について調査と研究を重ねてきた。特に、いまだに全域避難を強いられている福島県富岡町の復興計画策定過程に伴走しながら、自治体という政治的・行政的な共同体のあり方についても考察を深めてきた。
本書では、原発被災地の復興のあり方に焦点を当て、被災者の意思に基本をおいた現況の分析と、今後の復興シナリオ・プランニングについて考える。
(「本書について」より)

目 次

本書について
第1章 総論
第2章 3つの長期シナリオ
第3章 シャドープラン
おわりに
〈参考文献〉




インターネットでご購入の皆様はこちらからお願いします
公人の友社発行済書籍一覧へ


ホームへ戻る