図解・空き家対策事例集
「大量相続時代」の到来に備えて
松岡政樹 著
定価(本体2,000円+税)
2020年8月12日発行

【内容紹介】
〇本書は、空き家対策の事例を基にそのケーススタディーをしながら、具体的事例に即してより深く空き家問題を理解することができます。前著と併せて本書を読むことによって、実務的な解決能力を高めることが可能となっています。また、本書では空き家の利活用に当たっての官民協働はどうあるべきか、利活用しにくい空き家を活用する方法は何かなどの視点を提示します。多くの自治体職員に本書を手に取っていただき、具体的事例を材料にして、空き家問題に関する知見を深めていただくとともに、直接空き家問題に携わっている職員に置かれては、自らの実務における解決にも結びつくことを願っています。

【目次】

発刊に寄せて
はじめに
バーチャル区役所の空き家対策課職員紹介
空き家対策で実際に行った調査及び解決へのプロセス

1
建築基準法関係の事例集
事例 01 所有権争いとなったシロアリ発生源の空き家
事例 02 倒壊後も放置された空き家
事例 03 相続人不存在となった放置空き家
事例 04 無接道敷地で大規模の修繕等を行った空き家
事例 05 火事で焼け残り、ゴミの不法投棄場となった空き家
事例 06 東日本大震災の揺れで隣家に傾いた空き家

第2章
空家法関係の事例集
事例 01 電線に枝葉が絡まった空き家
事例 02 空き家所有者の行方が分らなくなった空き家
事例 03 敷地内の草木の繁茂が長年放置された空き家
事例 04 朽廃規定に基づき借地契約を終了させられた空き家
事例 05 地上げ屋の買収により是正措置が阻まれた空き家
事例 06 借地契約上の守秘義務が空き家対策を遅らせた事例

索引
おわりに
プロフィール




インターネットでご購入の皆さまはこちらから


公人の友社発行済書籍一覧へ


ホームへ戻る